ホーム > 事業紹介

事業紹介

MBPのシステムインテグレーション事業

MBPスタイル

要件定義~保守までの開発工程の中で、必要に応じて中国オフショア開発を活用しています。数多くの工夫を凝らした取り組みにより、コストメリットを最大限に出しながら、品質を十分に考慮した顧客満足度の高いシステム開発を行っています。

グループ会社との役割は、主に要件定義と基本設計はMBPジャパン(約100名)、製造(詳細設計~結合テスト)は中国側のグループ会社(約500名)にて作業分担を行い、逐次連携しながら開発を進めています。
 結合テスト後はお客様のニーズによりシステムテストや運用テスト及び本番リリースなどの支援作業を実施し、保守作業も中国オフショア開発を活用して効率良く実施しています。

現在ではMBPジャパンの技術者は顧客先など(ユーザ企業、SIer、ITメーカなど)に常駐をし、パートナー企業様のメンバーと共に基本設計までを担当しています。基本設計作業終了後は中国グループ会社にて製造工程を実施します。日本側と仕様確認などの連携を密に取り、結合テストを完了させて、日本側にて受入テストを実施します。その後はお客様のニーズによってリリース前後の支援作業を行い、保守作業も中国オフショア開発にて実施するケースが多くなっています。

ページTOP

グループによるシステム開発のポイント

business_pt01.gif

オープン系業務アプリケーション開発を主体とし、高いお客様満足度の確保を目的としたより良い品質サービスの提供に努めています。

 


business_pt02.gif

業種業務に特化したSEの採用を継続しており、実績に基づいた高い技術力をベースとして、事業を躍進し続けています。

 


business_pt03.gif

従来の中国オフショア開発の問題、課題(コミュニケーションギャップ、曖昧さ対応、日中間の利害関係、高離職率など)を改善することで、上流工程から下流工程までの開発を経験と実績に基づく「一気通貫」の精神にて、グループ会社一丸となった強いオフショアスタイルを確立しました。

 


business_pt04.gif

グループ内の公用語は日本語であり、ドキュメントの翻訳作業の必要がありません。中国側リーダ層の日本語はビジネスクラスであり、来日により基本設計工程から日本チーム要員として活躍しています。

 


business_pt05.gif

自社開発の「プロジェクト管理ツール」の活用、ならびに専任PMOにより、開発標準に沿ったプロジェクト運営を強力サポートします。

 


business_pt06.gif

QMS/ISMSの運用では、各部門目標のトップに顧客満足度を掲げており、プロジェクト終了後の顧客アンケートでは多くのプロジェクトが良い評価を頂いています。

 


business_pt07.gif

高品質確保のための一つの手段として、開発工程ごとに規定された厳格な成果物レビューの徹底を図ります。その結果、後工程での手戻りを減らし、お客様にとって開発中のストレスの少なさなど、安心して任せられることによるメリットは他社を大きく凌ぎます。

 


business_pt08.gif

顧客満足度の向上を一番に掲げることで、お客様の身になって考えることを心がけています。

 


ページTOP

システムインテグレーション事業の実績

金融業

・生保向け基幹システム開発&保守
・帳票管理システム(帳票スキャン、画像処理、帳票認識、イメージデータ管理)
・証券管理システム

流通・サービス業

・商社向け基幹システム再構築(大規模マイグレーション、ホストオープン化)
・家具製造流通業向けWMSシステム
・外食チェーン向け業務支援システム(SaaS型、ITメーカー・パッケージの開発)
・大規模倉庫物流管理システム
・スポーツ用品メーカー向け販売管理システム開発 (intra-mart,ORACLE JD Edwards )
・食品業向け販売管理システム
・小売業向け POS/Store Computer システム
・ビル管理システム
・不動産会社向けERPシステム開発&導入(ORACLE JD Edwards)

運輸業

・航空会社向け社内申請システム (intra-mart)
・広域物流パッケージ

その他

・出版業向けECサイト開発
・勘定系システム用 仕訳エンジン(アドオンソフト)
・社内情報管理システム(MBPグループ社内向け
・プロジェクト管理システム(MBPグループ社内向け
・勤怠システムの開発(パッケージ:e-works)

ページTOP

MBP品質管理システム体系

MBPプロジェクト管理システム

MBP独自開発のプロジェクト管理システム(Web)を活用することによって、多くのプロジェクトで成果を上げています。
各メンバー/チーム単位にて、QA/課題点/障害の管理が行えます。
開発工程における状況や緊急度を把握し早期解決を図るため、このプロジェクト管理システムにより十分な管理を行うことができます。

お問い合わせ
ページTOP