TIZA STARは、IoT領域における
エンタープライズクラスの
ビッグデータ処理のための
オールインワンIoTビッグデータプラットフォームです。

オールインワンの
IoTビッグデータ
プラットフォーム

モノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)。
IoTによって、モノから巨大な量の情報が集まるようになりました。

このIoTビッグデータは新たな価値を生み出す大きな可能性を持っています。
いくつかの例を見てみましょう。

政府/公共事業

  • 交通監視データを利用して都市の車のピーク時間等を解析し、車の移動時間・路線・方式等の対策立案に役立てる

  • 各種センサーを通してデータを採集し、空気や水質汚染の改善・制御に役立てる

工場製造

  • 工業設備にセンサーを設置して設備の使用状況を収集し、設備の診断・燃費・自己の分析に活用する

  • 製品センサーのデータからユーザの利用モデルを分析し、改善点を見つけ、新製品の開発を加速する

エネルギー

  • 地球の天候データと風力発電機を一緒に統合し、発電機に適した場所を見つけインフラ建設に活用する

  • 電圧・電流・伝量を監視し、異常の有無を確認する

このように非常に大きな可能性を持ったIoTビッグデータですが、
これまでの伝統的なアーキテクチャのシステムでは
対応がむずかしい場合があります。

高負荷なデータI/Oに
DBが対応できない

接続デバイスの増加につれてDBのI/O負荷が高まりますが、スケールアウトが難しいため、性能が悪化します。

巨大なデータの
保存が困難

DBの拡張コストが高く、またペタバイト/エクサバイト級のデータI/Oには対応できません。

巨大なデータの
計算処理に対応できない

従来の逐次処理をベースとした方式では、ペタバイト/エクサバイト級のデータを処理することが困難です。

これらの課題を解決するために

TIZA STARは、処理対象となるデータ量に合わせてサーバー機を追加することで、
強力な処理パワーを持つシステムを構築することができます。

IoTデータの入力・計算・保存・交換・管理などの
さまざまな機能を持ち、幅広い領域への応用が可能です。