活用事例

事例1:機械の遠隔監視、遠隔操作、故障予測

IoT機械(水ポンプ)のGIS情報、稼働状況、各種情報のサマリをリアルタイムで確認できるようになりました。

遠隔監視・保守サービスで、作業の効率化を実現し、収集・蓄積したIoTデータを解析し、機械の故障やトラブルなどを予測できます。
予測データを使った予知保全サービス、IoT新サービスの提供も支援しました。

事例2:IoV(Internet of Vhicle)での活用

車載デバイスから送られてくる膨大なデータをリアルタイムに計算処理することで、
運行状況の確認や、指定場所に最も近い車両を指定場所まで派遣するなど、さまざまな活用が可能となりました。

旧来のシステムで膨大な時間を要していた車のIoT(=IoV)ビッグデータの分析処理をTIZA STARに置き換え、大幅な処理能力向上を実現しました。

事例3:データセンターでの活用

TIZA STARプラットフォームを利用し、データセンターの稼働状況を可視化するシステムを構築しました。

一目で状況がわかるようになったことにより業務の効率が向上しただけでなく、異常な状況に素早く気付くことができるため、障害検知にも役立てています。

TIZA STARをもっと知る