機能

データ入力

ロードバランサ(LVS、F5など)によって同時並行処理数の調整ができるため、ひっきりなしに飛び込んでくる大量のデータを余裕を持って処理できます。
分散メッセージ機能(Kafka)が、取り込まれたストリームデータを効率よく下流処理へと引き継ぎます。

また、ゲートウェイ機能による各種プロトコルに対応しておりますので、さまざまなタイプのデバイスからのデータ入力に対応可能です。

データプロトコル

  • SOAP
  • MQTT
  • JSON
  • バイナリ

ネットワークプロトコル

  • TCP
  • UDP
  • HTTP
  • WebSockets

データ保存

構造化データ/非構造化データ、検索データやバックアップデータなど、さまざまなデータ特性に合わせて、 分散ファイルシステム(HDFS)、Key-Valueストア(HBase)、インメモリキャッシュ(Redis)やRDBなどの最適な形式でデータを保存します。

リアルタイム計算/オフライン計算

データ入力と同時に計算処理を行うリアルタイム計算、大量に蓄積されたデータを対象に処理を行うオフライン計算(バッチ)のどちらの計算処理にも対応しています。

TIZA STARはStormをリアルタイム計算処理エンジンとして採用しており、アプリケーションロジックの実行と管理をサポートします。
リアルタイム計算処理によりIoTデータのクレンジング、解析、通知・警告などのリアルタイム処理を簡単に実現することができます。

オフライン計算処理はHiveによるMapReduce処理をサポートし、IoTデータの日別/週別/月別/年間単位という大きな時間単位での分析レポートの作成やデータマイニングを行うことができます。

データ交換

さまざまな方法で計算結果を取り出して、各アプリケーションで柔軟に利用することができます。

データ交換方式

  • RESTful Web Service
  • Thrift
  • API など

プラットフォーム管理

監視とアラーム、および管理画面から成るプラットフォーム管理機能を提供します。
GangliaとNagiosをベースにして、以下の3つのレベルでの監視とアラームが利用できます。

ハードウェアレベル

  • サーバ
  • CPU
  • メモリ
  • ディスク など

プロセスレベル

  • プロセスの死活監視
  • ポート以上監視 など

KPI関連レベル

  • メッセージキューデータ数
  • ゲートウェイへの接続確立回数 など

TIZA STARをもっと知る