活用シーン

1:機能を拡張して社内の統合管理ツールとして活用したい

Biz.SCRUMは追加開発による機能拡張ができます。
販売管理や購買管理機能を追加して、社内の統合管理ツールとして活用することが可能です。

2:グループ企業全体で導入したい

単独の会社だけでなく、連結子会社などもまとめて管理できます。
段階的に会社や組織を追加できるため、スモールスタートにも適しています。

3:複数システムのデータをまとめて管理したい

データソースの形式が統一されていない場合でも、ETLツールで目的の形式にデータを変換することで、Biz.SCRUMでデータの集約管理ができます。

4:業績をプロジェクトごとに管理したい

組織の下でプロジェクトの予実管理を行うことができます。
予実差、計画比、粗利などは、すべてBiz.SCRUMによって自動計算されます。

Biz.SCRUMをもっと知る